リプロスキンが赤ニキビ跡にも効果的って本当なのかを徹底解説!

赤く炎症してしまったニキビが治ると、赤ニキビ跡として肌に残ってしまう事があります。一度できてしまった赤ニキビ跡は自然に治る事が少なく、悩みのタネとなってしまいがちです。

 

そんな赤ニキビ跡が改善すると評判のスキンケア用品が、リプロスキンです。リプロスキンは「ニキビ跡に効く」と絶賛されていますが、その中でも特に赤ニキビ跡・シミ状の跡など、凹凸の少ないタイプに効果てきめんなのです。

 

>> 赤ニキビ跡にも効果的なリプロスキンの詳細はこちら

 

 

リプロスキンが赤ニキビ跡に効果的な2ステップとは?

 

ニキビは重症化するほど跡として残りやすく、軽度の白ニキビ・黒ニキビのうちに治すことができれば跡に残る事も少ないです。しかし重症化し、赤く炎症してしまった赤ニキビ、さらにそれが膿んでしまった黄ニキビともなると、やっと治ったと思ってもニキビ跡として残ってしまう事が多いんです。

 

できたニキビ跡は赤みが残ってしまう赤ニキビ跡、色素が残る茶色いシミ状の跡、陥没として残るクレーター跡など様々ですが、中でも赤ニキビ跡はどうしてできるのでしょうか?

 

赤ニキビ跡は、ニキビが炎症してしまいダメージの大きな肌の修復のため毛細血管が増えたり、肌の奥のほうで炎症が残ってしまっている場合にできることが多いのです。健康な肌ならターンオーバーによって跡に残る事はないのですが、赤ニキビ跡は炎症によって上手くターンオーバーが行えずに跡として残ってしまっている状態なのです。

 

それならば赤ニキビ跡を消すことはできず、一生付き合っていくしかないのでしょうか?…いいえ。よっぽど重症でなければ、気にならないレベルまで軽くしたり治したりすることができます!どうすればよいのかと言うと、赤ニキビ跡を治すには、とにかくまずは「炎症を鎮めること」が大切なのです!

 

炎症を鎮め、肌のターンオーバーを促す。この2ステップが大切なんです。この2ステップを行うことができるのが、リプロスキンなんです。

 

赤ニキビ跡に効果的な成分とは?

 

具体的にはリプロスキンに含まれている[炎症改善]グリチルリチン酸ジカリウム [ターンオーバーを促す]プラセンタ、アマチャヅルの成分が特に赤ニキビ跡に効果的です。その上、リプロスキンは「導入型柔軟化粧水」なので肌の奥深くまで赤みの原因である炎症を改善しながらターンオーバーを促す成分もしっかり届ける事ができるのです。

 

導入型柔軟化粧水とはリプロスキンならではの新しい技術により生まれたもので、通常の化粧水では成分が浸透しづらいニキビやニキビ跡の肌でも深く浸透させる事ができます。以上の成分が徐々に効いていき、赤ニキビ跡を改善していくことができるんです。個人差もありますが、赤ニキビ跡であれば、2,3ヶ月で効果を感じ始める場合が多いです。

 

しかも、リプロスキンは赤ニキビ跡を治すだけではありません。新たなニキビ・赤ニキビ跡ができづらくなるんです。導入型柔軟化粧水の効果により肌奥深くまで有効成分が浸透し、うるおい肌へと生まれ変わる事で、新しいニキビができる事が少なくなります。

 

もしできてしまっても、赤ニキビ=炎症状態になる前の段階(軽度の白ニキビ・黒ニキビ)で治りやすくなります。その段階で治せば、赤ニキビ跡として跡に残る可能性も非常に少なくなります。

 

赤ニキビ跡の改善もできて、赤ニキビや赤ニキビ跡の予防にもなるなんて一石二鳥ですね。

 

リプロスキンの赤ニキビ跡への効果期間

 

リプロスキンはニキビ跡治療に効果的とは言え、重度のクレーター状のニキビ跡になると効果の実感まで長い時間が必要になったり、レベルにより完治は厳しくなったりします。でも、ニキビ跡の中でも軽度である赤ニキビ跡であれば、比較的短い期間で、大きな改善が見込めます。

 

なので赤ニキビ跡に悩んでいる場合はむしろチャンスです! 比較的治しやすい赤ニキビ跡の内に使うのが狙い目だからです。

 

重症化しない内にリプロスキンを使って、キレイなお肌を取り戻してください。

 

>> 赤ニキビ跡にも効果的なリプロスキンの詳細はこちら

 

ページの先頭へ戻る